ここから本文です

昨季得点王のレワンドフスキ、独サッカー雑誌の年間最優秀選手賞を受賞

ゲキサカ 8月18日(木)19時22分配信

 バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レワンドフスキがドイツのサッカー雑誌『11 フロインデ』の年間最優秀選手賞を受賞した。クラブ公式サイトが伝えている。

 昨季30ゴールを記録し、ブンデスリーガ得点王に輝いたレワンドフスキは同賞でトップの52票を獲得。審査委員には、2014年のブラジルW杯でドイツ代表を優勝に導いたヨアヒム・レーブ監督、長年バイエルンや同代表のゴールを守ったオリバー・カーン氏などが務めており、レワンドフスキは「この賞を受け取ることができて、とても光栄だ。審査員の中にはサッカー界において全てを手に入れたようなたくさんの重鎮がいた」と受賞を喜んだ。

 なお、同賞の2位は47票でドルトムントFWピエール・エメリク・オーバメヤン、3位には31票でバイエルンFWトーマス・ミュラーがランクインしている。

最終更新:8月18日(木)19時24分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。