ここから本文です

「デブでのろまじゃないか」マンUのOBがルーニーに苦言

ゲキサカ 8月18日(木)22時42分配信

 元マンチェスター・ユナイテッドのポール・パーカー氏がキャプテンのFWウェイン・ルーニーに対して厳しい指摘をしている。英『デイリー・メール』が報じた。

 14日に敵地でボーンマスとの開幕戦に臨んだユナイテッドは3-1で快勝。ルーニーは1-0の後半14分にFWアントニー・マルシャルからのシュート性のボールを頭で押し込むと、結果的にこれが勝負を決めるゴールとなった。しかし、ユナイテッドOBのパーカー氏は、その決勝点を挙げたスコアラーの体型が気になっていたようだ。

「ルーニーのことを目にしたことがない人が今の彼を見たら『この太りすぎなのろまは誰だ?』と思うだろう。彼は十分な速さで体を動かすことができないように見える」

 厳しくダメ出しをしたパーカー氏は「今季はルーニーにとって重要なシーズンになる。新たな記録を作るということではなく、今後ユナイテッドでキャリアを終えられるようになるかどうかだ。彼は自分の価値をチームに示さなければならない」と、ユナイテッドの後輩にさらにハッパをかけた。

最終更新:8月18日(木)22時42分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。