ここから本文です

野村の米州部門CEOは報酬を満額受給、バンカーの怒り買う-関係者

Bloomberg 8月17日(水)8時23分配信

野村ホールディングス米州部門のデービッド・フィンドレイ最高経営責任者(CEO)は、投資銀行担当者が大幅減俸となった中で昨年分の報酬を満額受け取ったことから、同部門で不満や怒りを招いている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

2012年以降同部門を率いるフィンドレイ氏は、保証された500万ドル(約5億円)の報酬パッケージを受け取った。一方、ディールメーカーやアドバイザーらの報酬は最大7割減少した。関係者は公に話すことが認められていないとして匿名を条件に話した。

野村の広報担当ジョナサン・ホジキンソン氏はコメントを控えた。フィンドレイ氏に電話や電子メールで取材を試みたが返答はない。

ウォール街ではトレーディング不振を受けて外銀が北米部門の人員削減を進めており、野村も複数のマネジングディレクターを含めて最大30%を削減する可能性がある。野村の米州従業員数は6月末時点で2481人で、日本国外の事業は10年以降、黒字を計上していない。

関係者によれば、1999年に野村入りしたフィンドレイ氏はCEO就任時の合意に基づく5年間の保証された報酬パッケージの一部として5月に500万ドルを受け取った。一方、約100人の投資銀行担当者は1600万ドルのボーナス原資を共有した。野村は以前、ボーナス原資がこの2倍以上になると幹部に伝えていたという。

原題:Nomura Americas CEO Said to Get Guaranteed Pay, Riling Bankers(抜粋)

Kiel Porter, Hugh Son

最終更新:8月17日(水)8時23分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]