ここから本文です

NY外為:ドルは上げを消す、米当局は早期利上げで意見分かれる

Bloomberg 8月18日(木)4時58分配信

17日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上げを消す展開。米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC、7月26-27日開催)議事録で、早期利上げの必要性をめぐり意見が分かれていたことが明らかになった。

議事録では労働市場が引き続き力強さを増すかどうかについて、当局者の間で意見が分かれたほか、インフレが顕著に加速するリスクはほとんどないと当局者らがみていることが示された。ドルは朝方、前日のダドリー・ニューヨーク連銀総裁やロックハート・アトランタ連銀総裁の発言を背景に上昇していた。ダドリー総裁は早ければ来月の利上げも可能だとの見解を示していた。

プルデンシャル・ファイナンシャル債券部門の最高投資ストラテジスト、ロバート・ティップ氏は「基本的にドルの勢いが失われたとみている」と述べ、「最終的にドルは先進国通貨に対して下値をさらに切り込むだろう」と続けた。同氏は特に対円で下げるとみている。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇。ドルは対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=1.1289ドル。対円では1ドル=100円28銭。

先物市場動向によると、12月までの米利上げ実施は約51%織り込まれている。FOMC議事録発表前は52%だった。

シティグループのG10通貨戦略担当グローバル責任者、スティーブン・イングランダー氏は米金融政策当局は「利上げ直前の状態であるとの姿勢はまったく示していなかった。市場参加者のポジションからみるとこれがややハト派的だと受け止められた可能性がある」と述べた。

原題:Dollar Pares Gain as Fed Officials Split on Need for Rate Hike(抜粋)

相場を更新し、第2段落に追記、最終2段落を加えます.

Lananh Nguyen

最終更新:8月18日(木)6時32分

Bloomberg