ここから本文です

大型ダイヤモンドなかなか見つからず利益減少-ジェム・ダイヤモンズ

Bloomberg 8月18日(木)14時45分配信

昨年10数個の大型ダイヤモンドを採掘したジェム・ダイヤモンズは、次の成果をなかなか挙げられないでいる。

レソトとボツワナでダイヤ生産を手掛ける同社が1-6月(上期)に採掘した100カラット超の最高品質ダイヤは1個のみで、売上高と利益の減少につながっている。昨年はレソトにあるレツェング鉱山で100カラット超のダイヤ12個を発見した。

ジェム・ダイヤモンズのクリフォード・エルフィック最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで「最高の状況ではなかった。100%の自信を持って昨年のパフォーマンスに追い付くと予想するのは難しい」と述べた。

レツェング鉱山からは昨年、357カラットのダイヤを含め世界でも最高品質で最も高価なダイヤの一部が採掘されている。

エルフィックCEOによれば、ジェム・ダイヤモンズは7-12月(下期)に大きなダイヤをさらに発見すると期待している。大型ダイヤの不足により同社の1-6月の平均売却価格は16%低下し1カラット当たり1899ドル(約19万円)となったが、依然として業界で最高値。7月には104カラットのダイヤ1個を発見している。原題:A Lack of Big Diamonds Means Smaller Profits for Gem Miner(抜粋)

Thomas Biesheuvel

最終更新:8月18日(木)14時45分

Bloomberg