ここから本文です

新興市場株:1年ぶり高値-FOMC議事録で米利上げ観測後退

Bloomberg 8月18日(木)16時10分配信

18日の新興市場株は上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表を受けて利上げ観測が後退した。ドルは全主要通貨に対して下落。

MSCI新興市場指数はこのままいけば1年ぶりの高値で引ける。香港株式相場は企業決算を好感して上昇している。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は3カ月ぶりの安値。FOMC議事録ではインフレが急上昇するリスクはほとんどないと当局者がみていることが示され、市場が織り込む年内の米利上げ確率は再び50%を下回った。

ロンドン時間午前7時15分(日本時間午後3時15分)現在、MSCI新興市場指数は前日比0.8%高。香港やインドネシア、タイの株価指数が1%余り上げている。

原題:Emerging Asia Stocks Rise With European Futures as Dollar Slides(抜粋)

James Regan, Narayanan Somasundaram

最終更新:8月18日(木)16時10分

Bloomberg