ここから本文です

モンゴル中銀、政策金利を一気に4.5ポイント引き上げ-通貨防衛

Bloomberg 8月18日(木)17時47分配信

モンゴル中央銀行は18日、主要政策金利を15%に引き上げた。5月に10.5%への利下げを実施したが、通貨防衛に動いた。

発表当初に通貨ツグリクはドルに対して上昇したが、ウランバートル時間午後4時26分(日本時間と同じ)までに再び下落に転じた。このまま行くと、24営業日続落となる。

この日は同国新政権が経済危機回避に向けた緊縮財政計画の一環として、一部の歳出凍結を発表。中銀の利上げがそれに続いた形だ。同中銀はウェブサイトに掲載した声明で、通貨の防衛と中期的な安定確保のために、ツグリク建て資産の利回り向上を図るのが目的だと説明した。

原題:Mongolia Hikes Interest Rate to 15% Protect Currency (1)(抜粋)

Michael Kohn, James Mayger

最終更新:8月18日(木)17時47分

Bloomberg