ここから本文です

7月の英小売売上高、予想を上回る伸び-天候要因やポンド安が追い風

Bloomberg 8月18日(木)18時20分配信

英国の7月の小売売上高は予想を大きく上回る伸びとなった。気温の上昇で靴と衣料品の売れ行きが好調だったほか、ポンド安が旅行客の時計や宝飾品購入を後押しした。

英政府統計局(ONS)が18日発表した7月の小売売上高指数(燃料含む)は前月比1.4%上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.1%上昇だった。

自動車用燃料を除いたベースの7月の小売売上高指数は前月比1.5%上昇した。

6月の国民投票で欧州連合(EU)離脱が選択されたことを受けて景気への信頼感は落ち込み、イングランド銀行(英中央銀行)が成長率見通しを下方修正したものの、今回の統計は英経済が7-9月(第3四半期)に好スタートを切ったことを示唆する。

ONSの主席経済アドバイザー、ジョー・グライス氏は「例年に比べ今年は天気が良いことが大きな要因として働いている可能性があり、衣料品と靴の売り上げがとりわけ好調だ」と指摘。「調査回答者からはポンド安で国外からの旅行者が支出を増やしたことを示す報告も寄せられた」と明らかにした。ポンドは国民投票以降、対ドルで12%余り下げている。

原題:U.K. Retail Sales Surge as Hot Weather, Pound Drop Fuel Spending(抜粋)

Emma Charlton

最終更新:8月18日(木)18時20分

Bloomberg