ここから本文です

【速報】野村敏京は「69」で終了 大山志保は浮上中

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月19日(金)0時37分配信

リオデジャネイロ五輪に出場中の野村敏京は、11位から出た2日目を3バーディ、1ボギー、連日の「69」(パー71)でホールアウト。通算4アンダーは首位と3打差の10位前後でラウンドを終えた。

野生の動物も出演? 「リオデジャネイロ五輪」画像集

野村は3組目の午前7時52分にティオフ。前半2番でボギーが先行したが、4番(パー3)で4.5mを決めて取り戻す。折り返し後の後半11番では1m弱に絡めて2つ目。2オンに成功した最終18番(パー5)をバーディで締め、連日のアンダーパーに収めてスコアを伸ばした。

9時36分に19位から出た大山志保は、前半の5番(パー5)、6番(パー3)、9番とバーディを重ねてハーフターン。10番(パー5)はボギーとしたが、10ホールを消化した時点で2つ伸ばし、通算3アンダーの12位前後に順位を上げている。

通算7アンダーで首位に立つのは、1組目から「66」と伸ばしたマリアンヌ・スカルプノード(ノルウェー)。日本ツアーでプレーするテレサ・ルー(台湾)は「67」で終え、通算5アンダーの7位前後につけている。

最終更新:8月19日(金)0時37分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)