ここから本文です

東山紀之主演「必殺仕事人」が帰ってくる! 悪役には安田顕が参戦!

cinemacafe.net 8月19日(金)6時0分配信

「必殺仕事人」シリーズが、「必殺仕事人2016」と題し今年もスペシャルドラマとして放送されることが決定。引き続き主演には東山紀之を迎え、さらに今回は前作で登場した遠藤憲一が正式に仕事人として加入、新たな布陣で悪人たちを地獄へと案内していくという。

今年の仕事人が立ち向かうのは、卑劣な職場の悪。パワハラ、セクハラ、モラハラ…最近はそういった言葉をよく目にするようになったが、職場での強きものから弱きものへの卑怯な行為は、このような名前をつけられる以前からあるもの。本作ではこの最悪のものが、渡辺小五郎(東山紀之)の職場を舞台に起こってしまう――。ある日突然、小五郎の勤める本町奉行所に監察方番頭の朝比奈藤十郎(安田顕)が視察にやってきた。無駄を排除するために来たという朝比奈は、不要な人間をクビにすると明言、同心たちを震え上がらせる。普段の勤務態度が不真面目な小五郎は同心仲間たちからリストラ第一候補に挙げられることに。しかしそんな朝比奈には裏の顔があり、このリストラにも実に身勝手で非道な理由が…。

そして、朝比奈の世話役には同心から結城新之助(田口浩正)が選ばれる。11人の子どもを抱える結城は小五郎と違い働き者で、仲間からもリストラからは外されるだろうと目されるが、そんな結城にも年ごろを迎えた長女のお絹がろくに口をきいてくれないという悩みが。父娘のわだかまりを無くしたい結城は、なんとかお絹と会話する機会を設けようとするがこれも仕事によりドタキャンするなどして、ますます家族からは冷遇される羽目に。しかし卑劣な人間を前にしては、その真面目さや実直さが仇となり、結城は窮地に立たされてしまう。小五郎のよき理解者として、常にそばにいてフォローしてくれた結城。果たして彼はどうなってしまうのか!?

2007年に「必殺仕事人2007」として復活を遂げて以来、東山紀之を主演に1回の連続ドラマと6本のスペシャルドラマを届けてきた「必殺仕事人」シリーズ。2009年から年に1本のペースで放送しているスペシャルドラマは、いずれも2桁の視聴率を獲得し不動の人気を誇っている。

キャストには、渡辺小五郎演じる東山さんほか、経師屋の涼次役の松岡昌宏、リュウ役の「Hey! Say! JUMP」知念侑李を始め、和久井映見、生瀬勝久、中越典子、野際陽子という存在感を放つキャストが本作にも集結。そして、前作で30年ぶりに必殺に帰ってきた遠藤さんが、本作から正式に仕事人に加入し、新たな布陣で胸のすくような仕事ぶりを披露する。

主演の東山さんは「内容は、現代を写す鏡のような存在である必殺が、その特性を強くしています。生きている物語だと思いました」と本作について触れ、「藤田さん亡き後、僕らでもずいぶんやってきましたけど、藤田さんの必殺にちょっと近づいてきたかなという気がします。ぜひ見ていただいて、みなさんにどのような思いを持っていただけるか、僕たちも楽しみにしています」とコメント。また松岡さんは「今回で9年目ですが、僕の40年の人生で約4分の1は涼次ということになります。こんな素敵でうれしいことはない」と出演を喜び、知念さんは時代劇について、「出演させていただくまでは、あまり見ることがない遠い存在でした。でも今は、現代劇より分かりやすいところがあったり、悪を倒してスカッとする部分もあったり、若い人にも楽しめるものだと分かりました。殺陣の迫力も男の子にとっては見どころだと思います」と魅力を語っていた。

さらに本作には、悪役として朝比奈藤十郎役にバラエティ、ドラマ、映画、舞台と現在マルチな活躍が印象的な俳優・安田顕。今回は私腹を肥やすためであれば命令ひとつで人の命をも簡単に奪ってしまう身勝手で冷酷な朝比奈を好演。そして同心・結城新之助の幼なじみでありながら謎の多い絵師・鬼頭進之助には、寺島進をキャスティング。今年も魅力的な悪が揃って登場する。また、結城の長女・お絹役には若手女優・浜辺美波が演じる。

そして、2014年に初登場し仕事人となった知念さん演じるリュウ。僧侶を目指す身だったが、想い人の命を奪われたことで裏稼業へ。そんなリュウが、今回は人を殺めることを喜びとする謎の絵師・鬼頭進之助と1対1で対決するも、鬼頭によってリュウは絶体絶命のピンチに追い込まれてしまう…。果たしてリュウは生きのびることが出来るのか。吐く息の白く染まる京都を舞台に、知念さんが凍えるような川に沈められながら繰り広げる、迫真の演技にも注目だ。

スペシャルドラマ「必殺仕事人2016」は9月25日(日)21時~テレビ朝日にて放送。

最終更新:8月19日(金)6時0分

cinemacafe.net