ここから本文です

マカヒキ、フランスに向けて栗東トレセンを出発

netkeiba.com 8月19日(金)13時3分配信

 19日午前9時過ぎ、凱旋門賞(GI、10月2日、シャンティ競馬場)に挑戦するマカヒキが栗東トレセンを出発した。この日、マカヒキは迎えの馬運車へは帯同する僚馬・マイフリヴァに続いて乗り込んだ。本日午後には成田空港から出国。フランスでは小林智厩舎に滞在する。

 見送った友道師はこれまでの栗東での調整について「夏の暑さだけを心配しましたが、うまく乗り切ってくれました。検疫のあいだも落ち着いていましたね」と振り返った。

 手綱をとるルメール騎手については「凱旋門賞だけでなく前哨戦のニエル賞(GII、9月11日、シャンティ競馬場)も直前の追い切りに騎乗してからレースへ挑む予定」(友道師)とのことだ。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:8月19日(金)13時3分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。