ここから本文です

マカヒキ、フランスに向けて栗東トレセンを出発

netkeiba.com 8/19(金) 13:03配信

 19日午前9時過ぎ、凱旋門賞(GI、10月2日、シャンティ競馬場)に挑戦するマカヒキが栗東トレセンを出発した。この日、マカヒキは迎えの馬運車へは帯同する僚馬・マイフリヴァに続いて乗り込んだ。本日午後には成田空港から出国。フランスでは小林智厩舎に滞在する。

 見送った友道師はこれまでの栗東での調整について「夏の暑さだけを心配しましたが、うまく乗り切ってくれました。検疫のあいだも落ち着いていましたね」と振り返った。

 手綱をとるルメール騎手については「凱旋門賞だけでなく前哨戦のニエル賞(GII、9月11日、シャンティ競馬場)も直前の追い切りに騎乗してからレースへ挑む予定」(友道師)とのことだ。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:8/19(金) 13:03

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。