ここから本文です

駒田一がほれ込んだエンジニア役に再び挑戦

チケットぴあ 8/19(金) 19:18配信

ベトナム戦争末期に、ベトナムの少女キムと米兵クリスの引き裂かれた愛を美しい楽曲で描くミュージカル『ミス・サイゴン』。1989年にロンドンで初演を迎え、1992年に日本で上演されて以来、再演を重ねてきた人気作品だ。その中で、どん底から這い上がってきた男エンジニアは、物語の狂言回しで、欲しいものを手に入れようとあがく、貪欲なキャラクターだ。そんなエンジニアに惚れ込み、3回目のオーディションで、2014年にこの役を勝ち取ったのは駒田一。今年、市村正親、ダイアモンド☆ユカイと交互にエンジニアを務める駒田に話を聞いた。

駒田一の画像

サイゴンでキムが働くキャバレーを経営するエンジニアは、アメリカに行きたいと熱望し、キムを利用しようとする。「ギラギラ、ドロドロしているたくましいドブネズミのようなエンジニアは、人間が誰しも持っている部分で、とくに共感できたんです」。40代で受けた1回目、2回目のオーディションは共に不合格。ラストチャンスだと決意した3回目は、汚い格好で臨んだ。「オーディション会場に入る前に、霧吹きで水を吹きかけて、あついイメージを出しました(笑)。今思えば、1回目と2回目はエンジニアと同じ赤いジャケットを着て格好をつけすぎていたんじゃないかと。3回目は、何回も楽曲を歌い本当に汗べちょべちょになりました(笑)」。晴れて合格し、その後、初めてベトナムを訪れた。「歩いているだけで汗がドバーッと噴き出す暑さ。土地の匂い、空気感、そこに生きている男を演じなければ。いかに自分は浅はかだったかと気付かされました」

しかし、2014年は初演から一貫してエンジニアを演じてきた市村が闘病のため降板。駒田やほかのキャストが市村の分まで役を担った。「市村さんから『頼むな』と言われて。無我夢中で、そのころの記憶がないんです。どうやって俳優・駒田一が生き延びるかということしか考えていなかった(笑)」というが、見事にワイルドで泥臭いエンジニアを演じきった。「今年はもっと地に足をつけて、彼が何を考え言葉を発しているのか深く掘り下げたい」

エンジニアがアメリカへの憧れを歌う「アメリカン・ドリーム」は名曲だ。「切なさを含め彼自身が表れている。夢は持つべきだと思うし、持った以上は闘わないと。僕の夢?そりゃ一生、いい芝居して、舞台に立ち続けることですよ」。今年は、2015年度 第41回菊田一夫演劇賞を受賞した。「自分で自分を誉めてあげたい(笑)。16歳の時から舞台に立って36年。ほかに何もできないしね。飲み屋のマスターになることも考えたけど、『駒ちゃん、知り合いが来たら全部おごるから無理だよ』と言われて」と豪快に笑う姿は、この道一筋で生きてきた格好良さとパワーにあふれている。

公演は帝国劇場にて、10月19日(水)から11月23日(水・祝)まで(10月15日(土)からプレビュー公演あり)。その後岩手、鹿児島、福岡、大阪、愛知でも上演される。チケットぴあでは大阪公演のプリセール(WEB先行先着)を8月28日(日)23:59まで受付中。

取材・文:米満ゆうこ

最終更新:8/19(金) 19:18

チケットぴあ