ここから本文です

【陸上】男子400Mリレー予選 ボルト抜きジャマイカ抑え日本1着で決勝進出

東スポWeb 8月19日(金)0時30分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ18日】陸上男子400メートルリレー予選2組に日本チームが登場した。第1走が山県亮太(24=セイコーHD)、2走の飯塚翔太(25=ミズノ)、3走の桐生祥秀(20=東洋大)、アンカーがケンブリッジ飛鳥(23=ドーム)の順番。同組のジャマイカはウサイン・ボルト(29)をメンバーから外した。

「最強チーム」とも呼ばれている日本は得意のバトンをうまくつなぎ、37秒68の日本新記録でゴール。ジャマイカの37秒94を上回り、見事に1着で決勝に進んだ。

 19日(日本時間20日)の決勝では2008年北京五輪以来のメダルを狙う。

最終更新:8月19日(金)0時33分

東スポWeb