ここから本文です

日本、アジア新で決勝へ 陸上・400リレー リオ五輪

朝日新聞デジタル 8月19日(金)5時30分配信 (有料記事)

 18日、男子400メートルリレー予選の日本は、山県、飯塚、桐生、ケンブリッジの順にバトンをつなぎ、37秒68でジャマイカなど強国を退けて2組トップで決勝に進んだ。従来の日本記録を0秒35も更新。日本初の37秒台突入とともに、予選1組で中国がマークしたばかりの37秒82のアジア記録も塗り替えた。
 「史上最強」の呼び名は大げさではなかった。山県が男子100メートルでもみせた号砲への鋭い反応で、飯塚へ。中大時代に世界ジュニア選手権200メートルを制した飯塚が加速にのって桐生へバトンを渡すと、桐生が曲線でトップに立つ。……本文:2,827文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月19日(金)5時30分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]