ここから本文です

ウィングスライサー型ロボットの新シリーズを発売

MONOist 8月19日(金)7時55分配信

 不二越は2016年7月20日、ウィングスライサー型ロボット「EZ」シリーズを市場投入したと発表した。

 EZシリーズは、天吊設置により、設備レイアウトのスペースを削減。動作できない領域をなくし、動作範囲の中心を通過して動作距離を短くすることで、サイクルタイムを従来タイプ比で30%削減した。また、先端に駆動部がないスリムなアームにより高速動作を可能にした。

 手首先端に直径36mmの大中空穴を確保。手首の中空化により、ハンドへの配線と配管の引き回しを容易化した。また、全ての配線と配管を機体内に内蔵することで、周辺装置との干渉リスクを低減。信頼性が向上している。

 今回EZシリーズとしてラインアップされたのは「EZ03」の4機種。ユーザーの設備に合わせたアームとコントローラーを選択できるようにした。従来機である軽量コンパクトロボットMZシリーズとの組み合わせにより、幅広いシステム設計が可能になる。

 なお今夏、追加発売される「EZ02」は、従来の水平多関節型の概念を超える6軸モデルで、組み立て工程の中でも、斜めからの挿入、向きの変更、研磨や仕上げ工程といった複雑な作業に適用可能だという。

 価格はオープン。同社では、2017年度に1000台の販売を目指すとしている。

最終更新:8月19日(金)7時55分

MONOist