ここから本文です

「アフィリエイター別/日別/月別」レポートから課題と次の一手を見つける方法

ネットショップ担当者フォーラム 8月19日(金)8時1分配信

「レポートをどのように見たら良いのか分からない」「情報を読み取りたいが、活用法が分からない」といったご相談をよくいただきます。ASP管理画面内に解説やマニュアルはありますが、「レポートの見方」は掲載されていても、「活用法」についてはほとんど言及されていません。

レポートはあくまで結果であり、全体の成果を把握するためのものです。数字の上がり下がりに一喜一憂しがちですが、その中から課題を読み取り、次回の施策に活用していくことが重要です。

ASP各社により個々のレポート機能に差がありますので、一般的な活用方法についてのみお話しします。

「月別レポート」で提携数と稼働数を把握

「月別レポート」は多くのASPで実装されています。定期的に目を通しておきたいレポートの1つです。商品を紹介してくれるアフィリエイターの数、つまり「提携数」を増やすこと、提携してくれたアフィリエイターがバナーやテキストの広告を掲載してくれている「稼働数」を上げていくこと、この2つが最初の指標となります。

プログラムがスタートしたばかりは提携数が少ないので、まずは1年間で提携数を2,000まで増やすことを目指します。「月別レポート」で、提携数と稼働数を毎月確認することを習慣にしましょう。

アフィリエイター向けにキャンペーンを行った場合も月別レポートを見ましょう。施策を行った月のクリック数や販売額は伸びているか、キャンペーンを行っていない前後の月と比較することで、キャンペーンの効果を見ることができます。

「実際に効果はあったのか?」「前年に比べて実績はどう変わったのか?」といっことを読み取ることができます。

「日別レポート」でキャンペーンの効果や不正注文の確認を

次に「日別レポート」です。日別レポートは急激な成果が発生した場合、その要因の確認に活用できます。

日別レポートは全体の把握だけではなく、「アフィリエイトID(ASID)」単位で確認できるASPがあります。

「アフィリエイトID(ASID)」単位で個別に確認すると、例えば大手法人アフィリエイトサイトがメールマガジンを発行したタイミングや、トップ枠に露出したタイミングの効果測定などに使えます。

また、アフィリエイトID単位で見ると、インプレッションやクリックが発生した日のみで表示できます。前月と比較して急激に成果を伸ばしたアフィリエイターがいたら、念のため日別レポートで確認しましょう。上の表3の例では、「このアフィリエイターの露出は、報酬アップ期間の土日のみに片寄っている」と読み取れます。

□ リスティングに関する注意点

運用ルールで「アフィリエイターはリスティング禁止」としている場合、成果が掲載日に片寄りがある場合は要注意です。 広告主が禁止していても、土日や営業時間外にリスティングを出稿している可能性があるからです。

まずは「日別レポート」で確認し、疑いがある場合はアフィリエイトサイトを個別に目視して、サイト構成からリスティングで集客していると予想されたら、まずはこのアフィリエイトIDからの成果承認・キャンセル作業を一時保留。ASPに「不可解な成果が上がっている。リスティングによる集客の疑いがあるので調査してほしい」と問い合わせをしましょう。

アフィリエイターに直接連絡が可能な場合は「集客方法について確認したい。○日までに返信がほしい」と、期日を区切って問い合わせをしましょう。

調査の結果、運用ルールに反していると判明したら、成果をキャンセルするなど対応することになります。疑わしいからと一方的にキャンセルしてしまうのではなく、「起こり得ることもある」と考えて対応していきましょう。

レポートを活用することで、不正注文やルール違反と思われる動きを成果確定前に調査することが可能です。

他にもクリック報酬を付けている場合は、インプレッションとクリック数の数字に違和感がないか、といったことも確認しておきましょう。

1/2ページ

最終更新:8月19日(金)8時1分

ネットショップ担当者フォーラム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]