ここから本文です

ジョン・コルトレーンの7枚組ボックス『コンプリート・アトランティック・レコーディングス』がSHM-CDで復刻

CDジャーナル 8月19日(金)18時23分配信

 2016年に生誕90周年と来日50周年を迎えるジャズ・イノベータ―、ジョン・コルトレーン(John Coltrane)が、1959年~1961年のアトラティック在籍時に残した全音源を収録した7枚組コンプリート・ボックス『コンプリート・アトランティック・レコーディングス』(WPCR-17351~7 8,200 円 + 税)がSHM-CDで復刻。8月24日(水)に発売されます。

 1995年にリリースされ現在入手が困難となっているこのボックス・セットは、アトランティック時代の完奏テイクを時系列に収録した6枚のCDと「ジャイアント・ステップス」「ネイマ」「ライク・ソニー」「ブルース・トゥ・エルヴィン」「ブルース・トゥ・ユー」のセッションを収録した付録CDで構成。アトランティック・レコードのプロデューサーであったジョエル・ドーンがコンパイルしています。

 貴重な写真も多数掲載した豪華72Pブックレットには、アーメット・アーティガン、トム・ダウド、エルヴィン・ジョーンズ、マッコイ・タイナーらによるコルトレーンの思い出が綴られ、アトランティック時代のコルトレーンのすべてが詰まったボックス・セットとなっています。

最終更新:8月19日(金)18時23分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。