ここから本文です

ソバとコスモスの共演 上越名立

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8月19日(金)13時33分配信

 上越市名立区不動地区のひまわり農園で観賞用ソバとコスモスが見頃を迎えた。白いじゅうたんのように広がるソバの花にピンクや赤のコスモスが彩りを添え、訪れた人を楽しませている。

 不動地区の住民グループ「不動森あげ米(まい)かい」のメンバーらが、お盆前後に見頃を迎えるソバの種を6月にまき、育ててきた。例年はヒマワリを栽培していたが、連作障害を避けようと昨年からソバを育てている。

 4千平方メートルの花畑いっぱいにソバが白い小ぶりな花をつけ、周りを色とりどりのコスモスが囲んだ。子どもたちは「お花の迷路みたい」「私の身長よりも高いよ」とはしゃいでいた。

 区内の祖父母の家に遊びに来た新潟市東区の幼稚園児(6)は「花畑に入ったら足がかゆくなったけど、白い花がきれい」と笑顔だった。ソバの見頃は月末まで。

最終更新:8月19日(金)13時33分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ