ここから本文です

大阪・梅田「大弘ビル」跡地 暫定的に駐車場開設

THE PAGE 8/19(金) 17:25配信

「大弘ビル」の跡地に観光バスの駐車場

 JR大阪駅などを含む複合施設「大阪ステーションシティ」の運営・管理などを手がける大阪ターミナルビル(本社:大阪市北区)は19日、同駅近くの西梅田で解体・撤去工事を行っている「大弘ビル」の跡地に観光バスの駐車場を暫定的に開設すると発表した。

【拡大写真】多くのファン見守ったトワイライト瑞風の先頭車両初搬入

観光バスや貸切バスなど約10台駐車可

 同社によると、駐車場の開設は10月上旬ごろを予定しており、敷地面積は約2180平方メートル。観光バスや貸切バスなど約10台が駐車できるという。

 かつて建っていた大弘ビルは1968年に建てられ、地上9階・地下3階のオフィスビルで、屋上に清酒や新幹線の看板が長年にわたり掲げられていた。

 東隣には大阪中央郵便局が建っていたが、同郵便局は7月19日に大阪駅前第一ビルへ移転。同所ではそれらの土地を含め、共同ビルとして一体的に建て替える事業「梅田3丁目計画(仮称)」の実施が計画されているが、同社担当者は「駐車場はそうした計画が決まるまでの暫定的な開設です」と話している。

最終更新:8/19(金) 17:25

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。