ここから本文です

Twitter民が好きな映画トップ15発表!1位は『ダークナイト』

シネマトゥデイ 8月19日(金)7時6分配信

 現地時間15日にアメリカのTwitterでトレンドになった「#fav7films(お気に入りの映画7作)」というハッシュタグ。ソーシャルメディアリサーチ会社Fizziologyが、一般の映画ファンから著名な批評家まで何万人ものTwitterユーザーがツイートしたその「お気に入りの映画7作」を集計した結果、最も票を集めたのはクリストファー・ノーラン監督のダークなヒーロー映画『ダークナイト』であることが明らかになった。

映画『ダークナイト』フォトギャラリー

 15日の朝5時から夜7時までの間に「#fav7films」というハッシュタグが使われたのは約10万回に上る。ジョーカー役を務めたヒース・レジャーさんの怪演が話題になった 『ダークナイト』はその中で最多となる5,056回言及された。2位はクエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』で4,966回、3位はフランク・ダラボン監督の『ショーシャンクの空に』で4,910回と接戦だった。

 また、トップ15に入った作品の興味深い傾向としては、『ゴッドファーザー』『エイリアン』『ハリー・ポッター』などはシリーズ全体で一つとみなされているものの、『スター・ウォーズ』シリーズに限ってはほとんどの人が『帝国の逆襲』(4,772回で4位)のみを名指ししていることが挙げられる。ランク外だが、アニメーション映画でのトップは『カールじいさんの空飛ぶ家』で、1970年以前の映画でのトップは『カサブランカ』だった。(編集部・市川遥)

アメリカ(英語圏)のTwitter民が好きな映画トップ15
1.『ダークナイト』
2.『パルプ・フィクション』
3.『ショーシャンクの空に』
4.『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』
5.『ゴッドファーザー』シリーズ
6.『グッドフェローズ』
7.『エイリアン』シリーズ
8.『ファイト・クラブ』
9.『ハリー・ポッター』シリーズ
10.『JAWS/ジョーズ』
11.『フォレスト・ガンプ/一期一会』
12.『ジュラシック・パーク』
13.『ブレードランナー』
14.『ビッグ・リボウスキ』
15.『ロッキー』シリーズ

最終更新:8月19日(金)7時6分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。