ここから本文です

3パット2回も良い兆候?大山志保は9打差追う

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月19日(金)7時54分配信

リオデジャネイロ五輪の女子ゴルフ2日目を終えて、大山志保は1アンダーの32位タイ。この日は4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「71」(パー71)とスコアを伸ばせなかったが、首位の朴仁妃(韓国)とはまだ9打差。「あと2日ある」と、その目は真っ直ぐ前を見つめている。

女子は116年ぶり! 「リオ五輪」フォトギャラリー

「ショットは昨日より良いし、パットも良い感じで打てている」。緊張感も和らいだという2日目に大山は好スタートで飛び出した。5番、6番とショットをピンに絡めて連続バーディとすると、9番でも2mを沈めてこの日3つめ。前半を3アンダーで折り返した。

続く10番(パー5)は「バーディホール」。だが、バーディを獲りたいという欲が裏目に出た。「パットがすごく良い感じだったので、ガーンと狙いに行ったらオーバーして(3パット)、12番もオーバーして(3パット)、それからオーバーするのが怖くなった」。

それでも、2011年から大山のキャディを務めるデイナ・ドリュー氏は、「あれだけ打てるのはパットの調子が良い証拠。いつもは返しを決めているし、あの3パットは悪くない。悪いのはショートすること」と、むしろ良い兆候と受け止めている。

13番では「リズムが速くなって体が開いた」と、この日唯一というミスショットからダブルボギーとして、わずか4ホールで4ストローク落としたが、日の丸を背負う大山は決して下を向かない。

「苦しいパットもあったけど、最後まであきらめたくないと思って、1打でも良いスコアで上がろうと思ってプレーした。そうしたら、最後にやっと入りました」。最終18番は2mのバーディパットをカップ真ん中から沈めて、ガッツポーズで締めくくった。

「(63を出した)ステーシー(・ルイス)はすごい。でも、ステーシーができるなら、私もできると信じて頑張ります。あと2日あるし、上を目指して頑張ります」。大山は爽やかな笑顔に終始した。(ブラジル・リオデジャネイロ/今岡涼太)

最終更新:8月19日(金)7時54分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]