ここから本文です

4大ドームをめぐる『HiGH&LOW THE LIVE』が開幕、映画版とのリンクが明らかに。

ぴあ映画生活 8月19日(金)17時26分配信

EXILEや三代目 J Soul Brothers、E-girlsなどEXILE TRIBEのメンバーや豪華キャストが共演を果たし、TVドラマ、コミック、オリジナルベストアルバム、映画など様々なメディアで展開される総合エンタテインメント・プロジェクト『HiGH&LOW』。その劇場版映画である『HiGH&LOW THE MOVIE』が7月16日より公開され大ヒットを記録しているのに続き、ドームツアー『HiGH&LOW THE LIVE』が7月22~24日の京セラドーム3デイズを皮切りにスタート。ファン待望の大型ライブの全貌がついに明らかになった。

その他の画像

2015年秋にTVドラマとしてスタートし、2シーズンの放映を経てこの夏いよいよ劇場版が公開された『HiGH&LOW』の物語は、“SWORD”と呼ばれる荒廃した地区を舞台に、その覇権を巡って男たちが激しい戦いを繰り広げるというもの。“SWORD”とは、「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」という拮抗した力を持つ5つのチームの頭文字から取られた呼称だが、そこにかつて強大な勢力を持っていたチーム「ムゲン」の総長・琥珀が韓国系マフィアらと手を組み急襲、同じくSWORD地区の支配を目論む組織「家村会」や、最強の2人組「雨宮兄弟」、謎の組織「MIGHTY WARRIORS」らも巻き込んで激しい抗争が展開していく。

今回スタートしたドームツアー『HiGH&LOW THE LIVE』は、ドラマ・映画で描かれた物語や世界観を、ライブ・エンタテインメントという形で表現したもの。これからご覧になられる方にとってはネタバレになってしまうため詳細は差し控えるが、『HiGH&LOW THE MOVIE』がド迫力のスケールとアクション満載であったように、“ライブ”という既成概念を超えたスケールに度肝を抜かれるに違いない。

ライブは、EXILE TRIBE、EXILE THE SECOND、三代目 J Soul Brothers、GENERATIONS、ACE OF SPADES、E-girls、DORBERMAN INFINITYらが、各チームのテーマソングを中心にエネルギッシュにパフォーマンス。『HiGH&LOW』で使用されている音楽を集めたアルバム『HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM』に収録されたアーティストたち、それぞれに見せ場が用意されているあたりは、『HiGH&LOW』の“全員主役”というコンセプトの徹底も感じられる。

また、劇中のキャラクターたちも登場し、映画さながらのアクションや演技を見せてくれるほか、このライブでしか見られないサプライズ映像も。このように公開中の映画とライブ・エンタテインメントを同時進行で連動させてしまうという試みは、まさに前代未聞。EXILE TRIBEが総力を挙げて取り組むプロジェクトだからこそ成せるワザと言えるだろう。

今週末からは、福岡ヤフオク!ドーム(8月19~21日)、京セラドーム大阪(8月26~28日)、ナゴヤドーム(9月3~4日)、東京ドーム(9月7~8日、14~15日)と、4大ドームを転戦していく『HiGH&LOW THE LIVE』。また、10月8日(土)からは、“長男”として斉藤工が登場する、雨宮兄弟をフィーチャーした新作映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』が公開されることも発表されており、プロジェクトはまだまだ続いていきそうだ。

TVドラマ、コミック、オリジナルベストアルバム、映画、ライブと総合エンタテインメントを掲げる『HiGH&LOW』。その物語、世界観を体感するためには、上記のように密接なリンクがキモとなるため、映画『HiGH& LOW THE MOVIE』を観ておくのは必須条件。もしライブツアーに参戦予定にも関わらず映画未鑑賞というのんびり屋のファンがいるとしたら、急ぎ映画館へ駆けつけて、この複合的なエンタテインメントをその目で確かめてほしい。


『HiGH&LOW THE MOVIE』
公開中

『HiGH&LOW THE RED RAIN』
10月8日(土)公開

最終更新:8月19日(金)17時26分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。