ここから本文です

イマドキの10代カップルがスマホで写真を撮らない理由

ITmedia Mobile 8月19日(金)6時10分配信

 いつの時代も、若者たちの流行は大人にとって予想のつかないことばかりです。10代カップルは、つい数年前まで「恥ずかしい」「やっているカップルは痛い」と思われがちだった「ペアルック」を、おしゃれでスタイリッシュな「おそろコーデ」と捉えています。また、意外なことにスマホで写真を撮らないカップルも増えているというのです。一体どういうことなのでしょうか。

【画像】若者カップルの現在

●連載:JK文化の最前線

最近の若者は、SNSやスマホをどう使うのか? そんな大人たちの疑問に答える連載。10代の女の子を中心とした若者文化の最前線を紹介します。著者の柊そらは、女子高生や女子大生を中心とした若者文化に精通する。

●10代は「仲良しカップル」に憧れる

 Instagramで「カップルフォト」というワードで検索してみると、カップルたちの自撮りや旅行の写真がたくさん出てきます。その写真をよく見てみると、なんとなく服の雰囲気が似ていたり、似たアイテムを取りいれたりしていることに気づきます。

 東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンでのテーマパークならではのキャラクターを使ったペアルックも多いのですが、普段のお買い物デートやドライブデートなどでも、シンプルな白Tシャツにデニム、おそろいのブランドのスニーカーなどのペアルックが多いのも特徴です。

 ただペアルックをするだけではなく、テーマパーク内での写真スポットや、青空、海、かわいい壁など、コーデと一緒に絵になる背景で撮影するのも特徴です。もはや、おしゃれな人がネットで人気者になるのは当たり前。1人よりも「かわいいカップル」の方が、最近のSNSの中ではじわじわ人気になってきています。

 今テレビを中心に話題の「りゅうぺこ(りゅうちぇる&ぺこ)カップル」も、それぞれおしゃれなのですが、2人が一緒にいることで仲の良さとファッションセンスがより伝わってきますよね。そしてりゅうぺこカップルのような「仲良しカップル」に10代は憧れているのです。

●10代カップルの写真に対するこだわりとは

 若者はなんでもスマホで写真を撮るイメージがありますが、実はイマドキの10代カップルはカメラマンに撮影依頼をすることもあります。学生=お金がないという印象が強いですが、決して安くはないお金を払って「ラブグラフ」という出張フォト撮影サービスを利用する若者たちがいるのです。

 ラブグラフは、カップルのお出かけにカメラマンが同行し、自分たちだけでは残せない自然な2人の姿を写真に残すというもの。料金は通常プラン9800円+カメラマンの交通費。決して安くはありませんが、利用者がSNSに撮影データをアップするなどして、ネットを中心に口コミで広まっています。カメラマンは、撮影時にカップルがリラックスできるようコミュニケーションを重視しています。

 改めてサイトを見ていると、なんとなくおそろコーデのカップルたちが多いような……。撮影なのであえてカメラマンがおそろコーデのディレクションをしているのでしょうか? ラブグラフ代表の駒下純兵さんにお話を聞きました。

―― ラブグラフにはおそろコーデが多いように感じたのですが、服装はカメラマンのディレクションですか?

駒下さん お客様の要望に応えながら撮影することが大半で、服装や髪型の指定をすることは少ないです。ただ、「わざわざ撮ってもらうなら、いつもとは違う特別な写真を撮ってもらいたい」という気持ちがあるので、撮影に合わせてペアルックを購入されるお客様もいます。みなさん撮影の前は「恥ずかしい」と言われるのですが、実際おそろコーデで特別な写真を撮られると、いつもとは違う自分たちの姿に喜ばれるお客様は多くいらっしゃいます。

―― ネットで反響があるのはどんな写真ですか?

駒下さん 自分たちだけでは撮れない遠くからのカットや、自撮りでは撮れない自然な笑顔の写真に反響があります。スマホが普及し、写真が誰でも撮れるようになった時代だからこそ「自分たちでは撮れない写真」が分かりやすくなったのではないかと思っています。

●プリは「かわいい」、一眼レフは「素敵」

 では、実際に「おそろコーデ」を頻繁にSNSで投稿しているカップルは、どんな子たちなのでしょうか。SNSで人気の「まちょももカップル」の“モモちゃソ。”と“まちょる”の2人にインタビューをしてみました。

―― 付き合って今どれくらい?

モモちゃソ。 1年2カ月くらいです。

―― おそろコーデはいつ始めた?

まちょる 付き合ってすぐに始めました。僕はそれまでおそろいの服は買ったことがあるけど、2人で出かけるのは、ももちゃんが初めてでした。

―― おそろコーデのこだわりは?

モモちゃソ。 お互いの個性に合うようにと、他の人が思いつかなさそうなペアルックを意識しています! 主に記念日におそろをやることが多いけど、2人でデートするときはだいたい系統をそろえています。

―― おそろコーデはどうやって決める?

まちょる その時の流行や自分たちが着たい服をまず決めて、他を合わせます。一緒に服を買うこともあるけど、黄色のコートを僕が持ってたら、ちょうどももちゃんが買い足して、じゃあ一緒に着ていこうかってなるときもあります。

―― SNSにアップして特に人気だったコーデは?

モモちゃソ。 このイニシャルのトップスとチェックのボトムスでした! ネットにあげると、「かわいい~」とか「憧れる~」とか「お似合い~」とかたくさんの声をいただけて、とってもうれしいです!

―― カメラマンに撮ってもらうこともあるようだけど、違いはある?

まちょる プリ(クラ)は気軽に撮れるけど、カメラマンさんが撮るときは緊張します! あと、プリだったら「かわいい」って言われることが多いけど、被写体のときは「素敵」って言われることのほうが多いかな。

モモちゃソ。 私もカメラマンさんに撮られるときはいつも緊張します(笑)。おそろコーデは、カメラマンさんに撮ってもらった方が分かりやすさや統一感が出るので人気です。プリにはない自然な感じが一眼レフだと出せるので、これからはもっと増やしたいなって思っています!

●「いちゃいちゃ」よりも「自然な2人」が人気

 少し前は「MixChannel」でキス動画をアップする10代が話題になりましたが、今InstagramやTwitterなどネットで人気のカップルは、キスプリやハートのスタンプ連打などの過剰なラブラブ表現はしていません。「いちゃいちゃ写真」というよりも、「2人でいることが自然な写真」をアップするカップルが、「憧れる」「真似したい」と思われて、人気のカップルになるようです。数年前と違って、ペアルックは10代の憧れの対象の1つになっています。さて、昔の印象とは違うペアルック。みなさんが今の10代だったら、「おそろコーデ」やりますか?

最終更新:8月19日(金)12時24分

ITmedia Mobile