ここから本文です

浪漫猫洲恋(マイケルJフォクス + 泊 麻衣子)、COMPUMAらを迎え“ビジュアルショック”なイベントを開催

CDジャーナル 8/19(金) 18:23配信

 東京のアンダーグラウンドシーンで活動を続けるDJのマイケルJフォクスと東京ELECTROCKSTAIRS所属ダンサー泊 麻衣子によるユニット、浪漫猫洲恋(ろまねすこ)が、イベント〈浪漫猫洲恋的ビジュアルショック〉を8月26日(金)に東京・代官山 SALOONで開催。テーマは“視覚に「キクぜ!」”。規模の大小関わらずフェスやイベントにおいて現在では当たり前のように用いられるVJや照明・デコレーションなどの視覚表現を、音やパフォーマンスに準じたものだけでなく、VJに対する演者からのアプローチやセッション形式で行い、より深く掘り下げる内容となっています。

 浪漫猫洲恋は、このイベントのために結成されたレーザーを使う謎のグループ、光線クラブと組んでステージを展開。また、5月に初のソロアルバム『VATONSE』をリリースし、D.A.N.のサポートでも活躍する小林うてなが、こちらもD.A.N.やGOMA & The Jungle Rhythm SectionやROVO and System7のステージVJをサポートするVJ mitchelと組んでライヴを、そして、DJのCOMPUMAがVJユニット“onnacodomo”とセッションを行います。“日本の伝統を推し進めた電子舞踊”を奏でる肉体派音響バンド“くふき”やペインターのRUSOWとayanicocoによるアートユニット、〼(meL-hen)も出演するほか、DJは李ペリー、高橋ケ無(SOUR)が担当。イベントの詳細は、浪漫猫洲恋のオフィシャルサイト(romanesco-nyan-nyan.tumblr.com)をご覧ください。

最終更新:8/19(金) 18:23

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]