ここから本文です

松山英樹8位発進 シード危機の岩田寛は出遅れ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月19日(金)8時35分配信

◇米国男子◇ウィンダム選手権 初日◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

今週は女子!リオ五輪フォトギャラリー

レギュラーシーズン最終戦の初日に飛び出したのは、今季は惜敗が続いているケビン・ナと、前週の「リオデジャネイロ五輪」を5位で終えたラファ・カブレラベロー(スペイン)。ともに「63」とし、7アンダー首位タイの好スタートを切った。

5アンダーの3位に、こちらもリオ五輪代表のダニー・リー(ニュージーランド)のほか、ルーク・ドナルド(イングランド)、ブラント・スネデカーら5人が続いた。

今大会では2年続けて予選落ちに終わっている松山英樹は、5バーディ、1ボギーの「66」でプレー。首位と3打差、4アンダー8位タイの好位置で滑り出した。

フェデックスランク145位からの来季シード入りを狙う岩田寛は、1イーグル3バーディ、1ボギー2ダブルボギーと出入りの激しい内容となり、イーブンパーの75位と出遅れた。今週を終えた時点でランク125位までの選手に、来季シード権と、次週から始まるプレーオフシリーズの出場権が与えられる。

最終更新:8月22日(月)14時0分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]