ここから本文です

【タイ】週末に車販売会BIG開幕、新顔も登場

NNA 8月19日(金)8時30分配信

 自動車と大型二輪の展示・販売会「バンコク・インターナショナル・グランド・モーターセール2016(BIGモーターセール)」が20日にタイの首都バンコクで開幕する。トヨタ自動車が新投入する小型多目的車(MPV)「シエンタ」が売り出され、他メーカーも販促に力を入れる。開催期間中に新車2万台の成約が見込まれている。
 トヨタは17日に新型シエンタのタイ投入を発表。今年に生産が開始されたインドネシア生産モデルで、車格は同国製で従来からタイで販売してきた「イノーバ」「アバンザ」の中間となる。
 18日付プラチャーチャート・トゥラキットによると、富士重工業はスポーツタイプ多目的車(SUV)「XV」の限定モデル「XVクロストレック」を披露する。マレーシア製のXVは3年前にタイ市場に投入し、同国の販売を押し上げた立役者だ。開催期間中の限定モデルの販売目標は200台。
 マツダは、1トンピックアップトラック「BT―50プロ」の装備を充実させたモデルで目新しさを演出する方針だ。根強いピックアップ需要を取り込みつつ、好調な乗用車やSUVのさらなる拡販を狙う。
 BIGモーターセールはバンコク東部の展示会場「バイテック・バンナー」で28日まで開催される。四輪28社や二輪15社などがブースを構え、販売目標は計2万4,000台(バイク含む)に設定されている。

最終更新:8月19日(金)8時30分

NNA