ここから本文です

3打差8位の松山英樹 メジャー最終戦から引き続きショット好調

ゴルフ情報ALBA.Net 8月19日(金)8時43分配信

<ウィンダム選手権 初日◇19日◇セッジフィールド・カントリークラブ(7,127ヤード・パー70)>

【関連ニュース】「ショットは良い形」松山英樹はグリーン上で苦しみメジャー制覇ならず

 いよいよレギュラーシーズン最終戦を迎えた米国男子ツアー。4位タイで終えた「全米プロゴルフ選手権」以来の出場となる松山英樹は、4アンダーで首位と3打差の8位タイにつけた。

 INから出た松山は15番パー5で約4mを決めてバーディを先行させると、507ヤードを誇る18番パー4で2打目を約3mにつけてスコアを伸ばして折り返す。1番ではボギーを叩いたが、次の2番でバウンスバック。さらにバーディを2つ重ねてホールアウトした。

 全米-で「今までショットが悪かったのが4日間でいい形になってきた」と復調を示唆していたショットが今日も冴えわたった。ファアウェイキープ率は平均58.43%に対し78.57%、パーオン率は平均71.60%に対して83.33%。ドライバー、アイアンともに高い数字を叩きだした。

 来週からは1戦ごとに出場者が絞られていくプレーオフが開幕。ここからさらに調子を上げてサバイバルゲームに臨んでいきたい。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月20日(土)16時36分

ゴルフ情報ALBA.Net