ここから本文です

本人も予想外!?新婚ステーシー・ルイスが2位浮上

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月19日(金)9時37分配信

リオデジャネイロ五輪の女子ゴルフ2日目、大会最少スコアの「63」(パー71)をマークして通算9アンダーの2位に浮上したのは、ステーシー・ルイス(米国)。だが、好スコアは「全く期待していなかった」と打ち明けた。

女子はメダルを!リオ五輪フォトギャラリー

ルイスは6月の「NW アーカンソー選手権」から7月末の「全英リコー女子オープン」まで、6週連続でトーナメントに出場。オリンピック前の2週間はオープンウィークとしたが、ゴルフに存分には打ち込めなかった。

最初の週には、昨年末に婚約したヒューストン大女子ゴルフ部コーチのジェロッド・チャドウェル氏と結婚式を挙げ、その翌週は夫との新鮮な時間を楽しんだ。それから、ブラジルへと乗り込んできたのだ。

初日の1アンダー「70」は「そんなに良いプレーをしていなかったので、大満足」と結果だけは良かったが、今朝の練習場ではスイングが「どうしていいのか分からない状態」とさらに悪化。混乱したままコースへと出て行ったという。「パットに本当に助けられたの」。

米ツアー通算11勝を誇るルイスだが、優勝は2年以上ない。だが、6月末に過去に自身が優勝したDVDを見てみると、パッティングのセットアップで手が体からより離れていたことを発見した。さらに、多くのミスショットを打ちながらも勝っていたことに気づいたという。「それから、良いプレーができるようになってきたの」。

ルイスの忙しい夏は、これからが本番か。(ブラジル・リオデジャネイロ/今岡涼太)

最終更新:8月19日(金)18時22分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]