ここから本文です

【NFL】ペイトリオッツQBガロポロは合格点、ベアーズも主力順調

NFL JAPAN 8月19日(金)17時15分配信

 ニューイングランド・ペイトリオッツは現地18日、プレシーズン第2週でシカゴ・ベアーズと対戦。開幕先発が確実なクォーターバック(QB)ジミー・ガロポロが立ち上がりに苦労しつつも最後には結果を出した。試合はペイトリオッツが23対22で競り勝ち。

 第1Qのガロポロはリズムに乗れない感があったが、それでも第2Q最後のドライブではタイトエンド(TE)のA.J.・ダービーへ16ヤードTDパスをヒット。第3Qも引き続き出場すると、堅実に攻撃を繋いでFG成功へ結びつけた。この日はパス21回中16回成功、181ヤード、1TDという成績だった。

 なおペイトリオッツは開幕4試合出場停止のエースQBトム・ブレイディが欠場。オフェンスではラン11回69ヤード、1TDのランニングバック(RB)ルギャレット・ブラント、レシーブ6回71ヤード、1TDのTEダービーが目立っていた。

 ベアーズもQBジェイ・カトラーがパス12回中8回成功、83ヤード、RBジェレミー・ラングフォードがラン8回55ヤード、1TD、ワイドレシーバー(WR)アルション・ジェフリーがレシーブ2回41ヤードと、主力が順調な仕上がりを見せている。

<ニューイングランド・ペイトリオッツ>

最終更新:8月19日(金)17時15分

NFL JAPAN