ここから本文です

福山雅治×糸井重里、異色のコラボが実現! 『SCOOP!』新ポスタービジュアルが到着

cinemacafe.net 8月19日(金)13時10分配信

福山雅治と『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督が初ダッグで挑む映画『SCOOP!』。この度、本作の新たなポスタービジュアルが完成した。

【画像】糸井重里のキャッチコピーが入った『SCOOP!』ポスター

かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた敏腕カメラマン・都城静(福山雅治)。しかし、その輝かしい業績も現役の雑誌編集者たちにはほとんど知られていない。過去のある事件をきっかけに報道写真への情熱を失ってしまった静は、芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身。それから何年のも間、自堕落な日々を過ごしてきたのだ。そんな彼に再び転機が訪れる。ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」に配属されたばかりのド新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組まされる羽目になってしまったのである。案の定まったく噛み合わずケンカばかりの静と野火。この凸凹コンビが、まさかまさかの大活躍で独占スクープを連発! そしてついに、日本中が注目する重大事件が発生する――!

本作は、1985年に製作された伝説の映画『盗写1/250秒』を原作映画として、芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマンと記者の物語。福山さんとコンビを組む相棒の新人記者役に二階堂ふみが出演するほか、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキーら超豪華キャストがキャスティング。

すでに全国の劇場で掲出され、話題を集めている本作の“週刊誌風ビジュアル”とはまた違う新たなポスタービジュアルがこのほど公開。福山さんがカメラを片手にこちらを見据える今回ポスターには、「ごめん。馬鹿で悪かったな。」の文字。実はこのコピーを書き下ろしたのは、西武百貨店の「不思議、大好き。」(1982年)や「おいしい生活」(1983年)などのキャッチコピーを生み出し、コピーライターという仕事を世に知らしめた第一人者でもある糸井重里。彼は作詞やエッセイ執筆、ゲーム制作など幅広いジャンルでも活躍し、現在は「ほぼ日刊イトイ新聞」の主宰として多数のプロジェクトを展開、6月に犬と猫と人が親しくなるためのアプリ「ドコノコ」をスタートするなど活動の幅をますます広げている人物。

以前より大根監督作品を応援してきたという糸井さんは、本作の完成初号を観て、今回のポスタービジュアルの宣伝コピーの依頼を快諾。今回のコピーは福山さん演じる都城静から着想を得て書き下ろされたもの。このコピーについて糸井さんは「ギラッギラのすれっからしに見える映画ですが、あんがい素直なことのほうが、こころに残るのではないかと思いました。B級映画のパロディみたいな味わいにもなりそうですけどね」とコメントを寄せた。なお、糸井さんが映画ポスターにキャッチコピーを書き下ろすのはジブリ映画『ゲド戦記』以来、実に10年ぶりとなっている。

さらに福山さんがかねてより糸井さんとの対面を熱望していたということもあり、福山さんがパーソナリティを務める「福のラジオ」にて異色の対談も実現。映画の情報を何も知らずに本作を観たという糸井さんは「まるで『インディ・ジョーンズ』みたいな冒険活劇のようでもあり、恋愛映画の要素や社会派の側面もあって、すごく楽しかった」と映画を絶賛。また、福山さんの演技について「普段、“撮られる側”の福山さんに“撮る側”を演じさせることが面白いし、福山さんがカメラを持つ所作は、実際に獲物を狙い射つ(=shoot=写真を撮る)ハンターとしてのリアリティを感じました」「ルックスもこれまでの“フクヤマ”とは変えてきましたよね。髭も生やして、ちゃんと“だらしない男”に見えました。カッコ良すぎちゃダメな役ですもんね(笑)」と語る。

これに対して福山さんは「以前から糸井さんのことを『生き方がカッコいい、ああいう人になりたい』と思っていたので、そのカッコいい先輩にそんな風に思っていただけたなんて本当に嬉しい限りです」と照れつつも喜んでいた。今回、2人の対談はこのラジオ収録が初。初めてとは思えないほど大いに盛り上がりをみせていたようだ。

そんな今回の対談の模様は、全国38局ネットで放送されているTOKYO FM「福のラジオ」にて8月27日(土)14時から放送予定。また、ラジオでは福山さんがギタリストとして参加する本作の主題歌「TOKYO No.1 SOUL SET feat.福山雅治 on guitar」の「無情の海に」も初OAされるとのこと。

『SCOOP!』は10月1日(土)より全国東宝系にて公開。

最終更新:8月19日(金)13時10分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。