ここから本文です

韓国即席麺の輸出 上半期は前年比18.3%増

聯合ニュース 8/19(金) 10:23配信

【ソウル聯合ニュース】韓国農水産食品流通公社(aT)によると、1~6月の韓国の即席麺の輸出額は約1億2300万ドル(約123億円)で、前年同期の1億400万ドルに比べ18.3%増加した。輸出量は2万5700トンから3万3000トンと同29.5%増加した。

 輸出先別では、中国への輸出が最も多くの割合を占めた。輸出額は2350万ドルで全体の19.1%を占めた。次いで、米国(1810万ドル)、日本(920万ドル)、台湾(830万ドル)、オーストラリア(640万ドル)、香港(640万ドル)などの順だった。

 輸出額の伸びが最も大きかったのはマレーシア向けで同95.4%増加した。中国向けも同48.2%増えた。

 中国は即席麺の年間消費量が444億人分に上り、市場規模が大きい。中国で輸入即席麺が占める割合は6.6%で、韓国製と日本製のシェアが拡大している。

 このほか、シンガポール(52.3%増)やインドネシア(41.0%増)、米国(39.0%増)、ベトナム(32.5%増)への輸出も大幅に増加した。

最終更新:8/19(金) 11:54

聯合ニュース