ここから本文です

奥田靖己とF.ミノザが首位発進 リオ帰りの倉本昌弘は出遅れ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月19日(金)15時47分配信

◇国内シニア◇ファンケルクラシック 初日◇裾野カンツリー倶楽部(静岡県)◇6911yd(パー72)

【画像】倉本昌弘、小林浩美、丸山茂樹 3人揃ってリオで「イエーイ」

初日に好スタートを切ったのは、ともに6バーディ、1ボギーの「67」をマークした奥田靖己とフランキー・ミノザ(フィリピン)。5アンダーで首位に並ぶ上々の滑り出しを見せた。

4アンダーの3位に、尾崎直道、白浜育男、中西信正の3人。3アンダーの6位に、加瀬秀樹、水巻善典、飯合筆ら8人が続いた。

前年優勝の室田淳は、中嶋常幸らと並び1アンダーの19位。今季2勝で賞金ランク1位の崎山武志は、井戸木鴻樹、プラヤド・マークセン(タイ)らと並びイーブンパーの26位。前週まで「リオデジャネイロ五輪」のゴルフ日本代表に帯同していた倉本昌弘は、8オーバーの74位と出遅れた。

最終更新:8月21日(日)16時41分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]