ここから本文です

マンC、19歳FWイヘアナチョと21年まで契約延長 昨季は14点を記録

ISM 8月19日(金)10時43分配信

 マンチェスターC(イングランド)は現地時間18日、ナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(19)との契約を更新し、2021年までとしたことを発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 イヘアナチョは昨季、8月のワトフォード戦でプレミアリーグデビューを果たすと、続くクリスタルパレス戦では途中出場から決勝点をマーク。昨季はFAカップのアストンヴィラ戦でハットトリックを記録するなど、チーム3位の公式戦14ゴールを記録した。

 同選手は契約延長に際し「今の気持ちはとても言葉にならないよ! 新契約にサインできてとても幸せだ。ワクワクしている」と喜びを表した。

 ペップ・グアルディオラ監督は「ケレチは生まれながらのストライカー。以前から彼のことを知っていたが、ここに来てからは彼に感銘を受けっぱなしだ。人柄も態度も能力も気に入っている。彼を最高のレベルに引き上げ、本人が自分のポテンシャルを自覚できるよう手伝いたい」と述べている。

最終更新:8月19日(金)10時43分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。