ここから本文です

「すみだ水族館」にてスタジオジブリ最新作『レッドタートル』の特別展が開催!

cinemacafe.net 8月19日(金)15時0分配信

「すみだ水族館」にてスタジオジブリの最新作『レッドタートル ある島の物語』の公開を記念した「ウミガメ展」が8月27日(土)~10月31日(月)の期間開催されることがこのほど決定した。

【画像】「ウミガメ展」で展示されるアカウミガメの赤ちゃん

「海」や「いのち」をテーマに、スタジオジブリ初の海外との共同で製作された本作。監督をオランダ出身のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットが務め、高畑勲がアーティスティック・プロデューサーとして携わり、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門特別賞を受賞している。

このほど「すみだ水族館」にて開催が決定した「ウミガメ展」では、「いのちゆりかご」をテーマに、ウミガメなどの海のいきものが展示され、映画の世界観を感じることができる。

「すみだ水族館」は、2012年より毎年小笠原諸島で生まれたアオウミガメの赤ちゃんを預かり、約1年間育ててから再び小笠原諸島の海へ放流する活動を続けており、本展では小笠原で生まれたばかりのアオウミガメの赤ちゃんと、名古屋港水族館で生まれたアカウミガメの赤ちゃんの2種を比較しながら観察することができる。なお、アカウミガメの赤ちゃんが「すみだ水族館」に登場するのは今回が初となる。

同じく、展示では作品の魅力が「すみだ水族館」の視点で紹介され、特設展示ブースでは、映画の中で描かれたいきものたちについて、実在のいきものと比較した解説が行なわれている。また、日本初公開となるマイケル監督と自らの手による生き生きとしたスケッチや映画の各シーンの展示や、トリックアートを使用したレッドタートルと出会えるフォトロケーションでの水中疑似体験ができる展示も用意される。

そのほか、飼育スタッフと一緒にウミガメを観察する「ウミガメ研究員」や、小笠原の自然・文化やウミガメに関する旬な話題を、特産品であるラム酒を味わいながら楽しめる「小笠原アカデミー~ゆうゆうオガサワラ~」、小笠原諸島の海を再現しウミガメの視点で「東京大水槽」を双眼鏡でじっくり観察するプログラム「ブルーナイトダイビング」など、大人限定の特別体験プログラムも開催される。映画の世界観と水族館がコラボレートしたユニークな展示として注目を集めそうだ。

『レッドタートル ある島の物語』は、9月17日(土)より全国にて公開。
「ウミガメ展」は、「すみだ水族館」にて8月27日(土)~10月31日(月)開催。

最終更新:8月19日(金)15時1分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。