ここから本文です

実物大ガンダムの手にしがみついて戦闘を体感!? ガンダムVR『ダイバ強襲』8月26日より“VR ZONE Project i Can”に登場

ファミ通.com 8/19(金) 12:02配信

●その迫力、もはや恐怖!
 バンダイナムコエンターテインメントは、東京・台場で展開中の“VR ZONE Project i Can”にて、2016年8月26日(金)より『機動戦士ガンダム』を題材としたVRアクティビティ“ガンダムVR『ダイバ強襲』”を稼動開始する。体験料は930バナコイン(1000円)、体験時間は8分。

 本アクティビティは、ダイバーシティ東京プラザのフェスティバル広場に設置されている実物大ガンダムと、敵対するモビルスーツとの戦いに遭遇した生身の人間の感覚を味わうことができるアクティビティ。コクピットに搭乗・操縦する既存のガンダムゲームの視点とは異なり、巨大なモビルスーツどうしがぶつかり合う迫力や衝撃を目の前で体験する、新たな“機動戦士ガンダム体験”を楽しむことができる。

 以下、リリースより。

----------

■その迫力、もはや恐怖。ガンダムVR『ダイバ強襲』稼働開始!
 ガンダムVR『ダイバ強襲』は、ダイバーシティ東京プラザのフェスティバル広場に設置されている実物大ガンダムの手にしがみつき、実物大のモビルスーツ同士が戦う迫力をすぐ目の前で体験するというこれまでにないガンダムの世界観を楽しめるVRアクティビティです。現実さながらに全身で体感する、巨大なモビルスーツがぶつかり合う衝撃や強烈な地響き、眼前でほとばしる熱など、その場に居合わせる感覚はもはや恐怖を覚えるほどの迫力です。専用体感マシンとVR技術との掛け合わせで、モビルスーツ同士の戦いに目の前で遭遇するというこれまでにい新しい発想で生み出された体験をぜひお楽しみください。
※ガンダムVRの体験は抽選になる場合があります。詳しくは公式サイトでご確認ください。

■Project i Canの今後の展開について
 2016年4月15日より株式会社ナムコ運営の下、期間限定で展開してきた当施設は、2016年10月10日をもちまして、VR技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓する「Project i Can」の研究施設としての役割を終え、営業を終了いたします。今後は、これまでの研究成果として蓄えたノウハウを最大限に活かし、より多くのお客様に驚き、楽しんでいただける新しいエンターテインメントを提供できるよう、引き続き可能性を追求してまいります。今後も“バンダイナムコエンターテインメント発のVR展開”にご期待下さい。

■『VR ZONE Project iCan』(所長)小山順一朗、(室長)田宮幸春からのコメント
 「やりたい!けど実際はムリ」というProject i Canならではの体験を、『機動戦士ガンダム』というIPでここに実現しました。『機動戦士ガンダム』でのパイロット操縦体験は、全国のアーケード施設で現在も絶賛稼働中の「機動戦士ガンダム戦場の絆」で楽しむことができます。そんな中で、『機動戦士ガンダム』というIPを活用して、全く新しい切り口の体験をお客様にお届けしたいと思い、これまでに培ってきたIPの知識、体感マシン開発技術、VR開発といった全てのノウハウを掛け合わせ、本アクティビティを開発しました。本アクティビティに対する皆様のご意見をお聞かせいただき、さらにVRアクティビティを進化させ、お楽しみいただきたいと考えております。当施設の営業終了まで限られた期間ではありますが、皆様のご希望・ご感想をぜひともお聞かせ下さい。

最終更新:8/19(金) 12:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]