ここから本文です

【英国】砂糖税、2018年にも導入へ 子供の肥満防止に向け

NNA 8月19日(金)9時0分配信

 政府は18日、砂糖を含む清涼飲料水に対する課税案を発表した。子供の肥満を防ぐ狙いがあり、税収は学童向けの健康プログラムに振り向ける。課税案に対して10月13日まで一般からの意見を募った上で、2018年4月の導入を目指す。
 新税の対象となるは、砂糖の含有量が100ミリリットル当たり5グラムを超える飲料。8グラムを超える場合は、より高い税率を適用する。生産者だけでなく輸入業者にも課される。
 政府は、飲料業界に対して子供に人気の高い飲料については砂糖含有量を20%削減するよう求めている。初年度は5%の削減を狙い、半年ごとに進捗(しんちょく)状況を調べる。
 イングランドでは成人の約3分の2が肥満もしくは太り過ぎで、2~15歳の子供でもこの割合は3分の1近いとされる。政府は、肥満に絡む経済コストを年間270億~460億ポンドと試算。国民医療制度(NHS)では肥満や太り過ぎに関連した治療費用は61億ポンド、2型糖尿病では88億ポンドに上るという。
 新税に対して英国清涼飲料工業会(BSDA)は、「厳しい課税により失職を招くものの、肥満に対する有意義な効果はない」と反発。一方で医療の専門家などからは、政府の提案は手ぬるいもので、抜本的な取り組みがなければNHSは財政的に行き詰まると批判している。

最終更新:8月19日(金)9時0分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。