ここから本文です

丹羽悔し…個人戦王者に完敗 メダル獲得も複雑「金のチャンスがあったので」

デイリースポーツ 8月19日(金)6時2分配信

 「リオ五輪・卓球男子団体・決勝」(17日、リオ中央体育館)

 男子団体決勝が行われ、ロンドン五輪5位の日本は、王者中国に1-3で敗れ、銀メダルに終わった。

 第1試合に出場した丹羽孝希(21)=明大=だったが、個人戦の王者・馬龍に完敗。吉村とのダブルスでは第1ゲームを奪ったものの、逆転負けした。「メダルはうれしいけど、金のチャンスがあったので」と、複雑な表情を浮かべた。

 それでも2度目の夢舞台で得たものは大きかった。「メダルを獲れなきゃ辞めようかと思っていた。でも結果を残すと取り上げてもらえる。隼くん(水谷)が毎日ヤフーニュースのトップになっていたし」と、反響の大きさに今後への手応えをつかんだようだった。

最終更新:8月19日(金)7時26分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。