ここから本文です

新『スパイダーマン』メリー・ジェーンは黒人に

シネマトゥデイ 8月19日(金)14時0分配信

 映画『スパイダーマン:ホームカミング』ではヒロイン、メリー・ジェーン・ワトソンを19歳の女優・歌手であるゼンデイヤが演じると The Wrap が報じた。

【画像】キルステン・ダンストが演じたメリー・ジェーン

 3月にゼンデイヤの出演が明らかになった際には役柄については詳細が伏せられており、Deadlineが「ミシェルという名の主要キャラクター」とだけ伝えていたが、実はゼンデイヤが演じるのはメリー・ジェーンだったそう。The Wrap によると、同プロジェクトに関わっている2人の人物が認めたという。

 メリー・ジェーンはスパイダーマンことピーター・パーカーの恋のお相手で、これまで白人・赤毛として描かれてきた(サム・ライミ監督版『スパイダーマン』で演じたのはキルステン・ダンスト)。「シェキラ!」などディズニー・チャンネルのテレビシリーズで活躍してきたゼンデイヤは白人と黒人の混血で、いわゆるメリー・ジェーンの外見とは違うことからファンの間では議論が巻き起こっている。

 新シリーズの幕開けを飾る本作でスパイダーマン=ピーターにふんするのは、『白鯨との闘い』などのトム・ホランド。メガホンを取るジョン・ワッツ監督(『クラウン』)は「ストレートなハイスクールムービーだ。思春期真っ只中の彼の成長を追うことになるんだ」と作品について説明していた。キャストは未発表だが、本作の悪役は原作ファンにも人気の高いヴァルチャーであることが明らかになっている。(編集部・市川遥)

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日日本公開

最終更新:8月19日(金)14時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。