ここから本文です

トリプルボギーでスッキリ!?前田陽子、自己最多の8バーディ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月19日(金)17時4分配信

トリプルボギーからのナイスカムバックで首位発進だ。神奈川県の大箱根CCで開幕した国内女子ツアー「CAT Ladies」初日、前田陽子が8バーディ、1トリプルボギーの「68」(パー73)でプレーして、5アンダー単独首位に立った。

【画像】実は2年連続優勝中 前田陽子フォト

3番(パー3)のバーディで「いい流れが作れた」と迎えた4番。ティショットは左に跳ねて深いラフにつかまった。「跳ねてボールが入ってしまったところが悪かった」と、第2打はグリーンまで約30yd手前のバンカーを越えるのがやっと。ラフからのアプローチはグリーンをとらえられず、手前のカラーで止まった。

カラーからのファーストパットはカップを大きくオーバー。ピン右奥の難しいラインから「これカップに入るんかな…」と、沈めるまでに3打を要しトリプルボギーを喫した。「何かに悩んでプレーしていても仕方ない。ある意味、あのトリですっきり。気持ちを切り替えることができた」と、5番(パー3)のバーディで踏みとどまった。

「9番のバーディで前半のトリの分を取り戻せた」と勢いに乗ると、後半は上がりの3連続を含むトータル5バーディを量産。1ラウンド8バーディ、5アンダー(※パー72における「68」は過去4度)という2つの自己ベストをマークした。

ゴルフの状態は「あとはパターが入るかどうかだけ。いつ結果が出るかを待つ状況」。平均パット数は『1.8863』で87位、平均バーディ数は『2.0667』で86位に沈む。前週を終えて賞金ランクは65位。シーズン後半戦の目標は賞金ランク50位までに与えられる来季シード権の獲得だ。

「きょうはできすぎ。あしたは精神的にも小さくならず、大きく伸び伸びとプレーできたら、良い結果につながると思う」。2014年の初優勝から守り続けているシードを、たやすく手放すつもりはない。(神奈川県箱根町/糸井順子)

最終更新:8月19日(金)17時4分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)