ここから本文です

モウリーニョ監督、ポグバが個人賞を取っていないのは「点取り屋タイプではないから」

ISM 8月19日(金)13時9分配信

 マンチェスターU(イングランド)のジョゼ・モウリーニョ監督が、ポール・ポグバを世界最高のMFの1人と評価。FIFAバロンドール(年間最優秀選手賞)のような個人賞に輝いていないのは、得点を量産するタイプの選手ではないからだと語った。英『BBC』が現地時間18日(以下現地時間)に報じている。

 ポグバは今夏、史上最高額の推定8900万ポンド(約118億4000万円)でユヴェントス(イタリア)から古巣マンUに復帰。19日のプレミアリーグ・サウザンプトン戦で2度目のマンUデビューを果たすとみられている。

 モウリーニョ監督は18日の記者会見で、ポグバについて「彼は世界屈指のMF。世界最高と言ってもいいくらいだ」と高い評価を与え、バロンドールのような個人賞を受賞していないのは、ゴール数が足りないためと述べた。

 バロンドールは2008年以来、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナ(以上スペイン)FWリオネル・メッシによる独占が続いている。メッシがこれまでキャリア通算374ゴール、C・ロナウドは364ゴールと得点を量産しているのに対し、中盤の選手であるポグバが、2012年のマンU退団後にユーヴェでの4年間で記録したゴール数は、34にとどまる。

 モウリーニョ監督は「世界最高の選手について話すとき、真っ先に挙げられるのがゴールを量産する選手だ。GKにバロンドールは与えられない。2006年にはDFのファビオ・カンナヴァーロが受賞しているが、彼はそのシーズンにW杯を制したイタリア代表のキャプテンだったからだ。それと、それほど多くのトッププレーヤーがいなかったから。パオロ・マルディーニやハビエル・サネッティもバロンドールを受賞していない。歴史上のトップGKたちもしていない」と、世界最高レベルの選手たちでも、そのポジションゆえにバロンドールを手にしていないと述べた。

 同監督は「ポールがロナウドやメッシのようにゴールを挙げられるかという問いについては、その25%にも満たないというのが答えだろう。彼は1シーズンに20点も取れないと思う。もし世界最高の選手が点取り屋を意味するなら、そもそも論点が異なる」とコメント。バロンドールの選出基準がゴール量産型の選手なら、ポグバのような選手が受賞することはないだろうとの見解を示した。

最終更新:8月19日(金)13時10分

ISM

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。