ここから本文です

レース後「もうやんねえ」の福士、現役続行明言「また金メダルを目指します」

デイリースポーツ 8月19日(金)6時2分配信

 リオデジャネイロ五輪女子マラソンで日本勢最高の14位だった福士加代子(34)=ワコール=が18日、関西国際空港着の航空機で帰国。自身の去就について「やる方向。また金メダルを目指します」と現役続行を明言した。リオのレース直後には「もうやんねえ」とマラソン引退を示唆していた。

 「悔しさはあるけど、楽しかったし興奮した」と、ペースのアップダウンや暑さに苦しんだ42.195キロを振り返った福士。4年後をマラソンとトラック種目、どちらで目指すかは「半々ですね。トラックに戻れるなら戻りたいけど、スピードが足りるかな?温泉でゆっくり考えたい」と笑顔でけむに巻いた。

 今後は所属先で11月の全日本実業団対抗女子駅伝(宮城県)へ向けての調整に入る。

最終更新:8月19日(金)7時23分

デイリースポーツ