ここから本文です

エシアンが古巣チェルシーでトレーニング 再加入の可能性も

ISM 8月19日(金)17時27分配信

 MFミカエル・エシアン(33)が古巣チェルシー(イングランド)の練習に参加しており、再加入の可能性もあるようだ。英『デイリー・エクスプレス』『ザ・サン』紙(電子版)などが現地時間18日(以下現地時間)に報じている。

 エシアンは2005年に推定2440万ポンドの移籍金で、リヨン(フランス)からチェルシーへ加入。フランク・ランパードと中盤で屈強なコンビを組み、公式戦256試合出場、2度のプレミアリーグ、4度のFAカップ、1度のチャンピオンズリーグ優勝などを経験した。その後、2014年にミラン(イタリア)へ移籍したのち、昨季は2年契約でパナシナイコス(ギリシャ)に加入したが、リーグ戦12試合の出場にとどまり、同クラブとの契約を解除。現在フリーとなっている。

 『ザ・サン』によれば、エシアンのチェルシーでのトレーニングはコンディションを取り戻すことが目的。しかし、ブレントフォードBチームと行なった親善試合にもチェルシーの一員として出場しており、状態によってはアントニオ・コンテ監督が契約に動く可能性もあるとのこと。

最終更新:8月19日(金)17時28分

ISM