ここから本文です

昇降機故障でモノレール社陳謝 4者、速やかな修繕確認

琉球新報 8月19日(金)12時44分配信

 沖縄都市モノレール「ゆいレール」で全15駅中6駅で昇降機が止まったままになっている問題で、昇降機の早期復旧に向け、県、那覇市、沖縄都市モノレール社、沖縄総合事務局南部国道事務所の4者による合同会議が19日、問題が明らかになって以降初めて開かれた。
 会見では南部国道事務所の当山全浩副所長、県都市計画・モノレール課の松島良成課長、那覇市道路管理課の比嘉世顕課長らが出席。崎濱氏は、5月以降の故障の経緯を説明した。

 その後の会議では、修繕手配を速やかに行う方法や、保全のための経費確保に向け、県、那覇市などとモノレール社の契約内容について意見を交換した。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:8月19日(金)13時54分

琉球新報