ここから本文です

潮田玲子が“タカマツ”金メダルに大感激 「銀」吉田にも気遣い

東スポWeb 8月19日(金)7時22分配信

 元バドミントン女子日本代表でキャスターの潮田玲子(32)が19日、日本バドミントン史上初となる金メダルを獲得した“タカマツ”こと高橋礼華(26=日本ユニシス)、松友美佐紀(24=同)組を祝福した。

 潮田は自身のツイッターで試合前から「あードキドキする…頑張れ頑張れ頑張れーーー!!」と“タカマツ”にエールを送ると、試合中は「焦るな焦るなー。」「落ち着いて落ち着いて」「大丈夫大丈夫!頑張れ!」とこまめに応援。そして逆転勝ちで悲願の金メダルを獲得すると「やったぁー! よかったぁ。もう手が震えてやばい。礼華、美佐紀ほんとにほんとにおめでとうーーーーー!!」とお祝いした。

 17日に行われたイベントで“タカマツ”ペアの金メダル獲得に太鼓判を押し「安心して見て大丈夫です」とコメントしていた潮田も、2人の快挙に興奮は隠せず「オリンピックで金メダル。こんな夢のような事が成し遂げられるなんて自分が現役時代には想像もつかない事でした。君が代が流れた時、自分達の夢を叶えてくれたんだと実感しました。そんな素晴らしい後輩達を誇りに思います! そして心から感謝したいです! 礼華、美佐紀本当にありがとう!」と大感激。

 まだまだ感動を言い尽くせなかった潮田は、その後も「最高♪───O(≧∇≦)O────♪」とつぶやいた。

 また、潮田は前夜(18日)に行われた女子シングルス準決勝も観戦し、決勝進出を逃した奥原希望(21=日本ユニシス)にもねぎらいの言葉をツイート。「くぅー相手強かったー((((;゜Д゜))))))) 奥原選手も頑張りましたが、やはり山口選手との試合の疲労感もあっただろうな…( ;´Д`) 気持ち切り替えて3位決定戦頑張ってほしいです!」と激励した。

 さらに、親交があるレスリング女子53キロ級の吉田沙保里(33)が五輪4連覇を逃し、銀メダルに終わると「沙保里さん泣かないで――――。・°°・(>_<)・°°・。沙保里さんの涙、胸が苦しすぎるよ…」と切ない言葉で吉田を慰めた。

最終更新:8月19日(金)7時22分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。