ここから本文です

櫻井孝宏、神谷浩史に声のニュアンス褒められニンマリ

シネマトゥデイ 8月19日(金)20時18分配信

 声優の神谷浩史と櫻井孝宏が19日、都内で行われた映画『傷物語〈II 熱血篇〉』初日舞台あいさつに出席。神谷から声のニュアンスを褒められた櫻井は、その意見を全力で肯定して会場を沸かせた。

【写真】まぶしい笑顔の神谷浩史

 本作は、作家・西尾維新のライトノベルをもとに、吸血鬼体質となった高校生・阿良々木暦が、“怪異”に悩まされる少女たちを助けようと奔走する姿を描いたアニメ「物語」シリーズの前日譚となる劇場版の第2弾。伝説の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードにより吸血鬼にされた暦(神谷)は、人間に戻るために怪異の専門家・忍野メメ(櫻井)の助言を受け、過酷な戦いに挑んでいく……。

 前作の初日舞台あいさつでも「声優をやっていてよかった」と話していた神谷は、この日も同じ心情になったことを明かし、感無量の面持ち。また、原作のニュアンスと印象が違うシーンについて「これをどうアプローチしていくか? 画のままでいいのか?」と悩んだことも打ち明けつつ、「原作とアニメの間に立つ者として、原作のニュアンスをとれるところはアニメーションに落とし込んでいこうというチャレンジをさせていただきました」とアフレコ時の様子を語った。

 一方、「これまでのメメなら見せない表情や、『こら!』『ミスった。しくじった』とかいう発言があった」と振り返る櫻井も、「アプローチに悩むというか、方向性を決めなければいけないことが課題だった」と述懐。特に暦に対する「こら!」という台詞にはこだわったようで、「もう少し厳しい言葉遣いでもよかったけど、その時の状況を暦に悟らせるには、優しく包み込むようなニュアンスでという指導をいただきました」とスタッフと話し合って決めたことを説明した。その話を受けた神谷は「暦がどうしたらいいかわからない不安や不満をメメにぶつけるあのシーンを一言でいさめられるのは、メメの力というか櫻井さんの声のニュアンスだと思います」と絶賛すると、櫻井は「その通りです!」と力強く納得してみせて観客を笑わせていた。

 この日は、久保田光俊(プロデューサー)、神前暁(音楽)も登壇していたが、当初2012年に劇場公開する予定だった今作とあって、神谷が「本来なら2012年に公開しなきゃいけないはずだった」とぶっちゃけて久保田プロデューサーをたじろがせる場面も。しかし、その間にテレビシリーズを重ねることで完成した音があったこともプロデューサー陣が伝えると、「経験値を積めば積むだけ、その時の一番いいものができると信じているので、このタイミングでお届けできたことは意味があるんじゃないかな」と最後は充実した表情を神谷は見せていた。(取材/錦怜那)

映画『傷物語〈II 熱血篇〉』は全国公開中

最終更新:8月19日(金)20時24分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。