ここから本文です

アジア経済戦略の施策点検へ 委員長に富川氏、専門部会設置決定

琉球新報 8月19日(金)14時4分配信

 県が策定したアジア経済戦略構想推進計画の施策点検を行う「アジア経済戦略推進・検証委員会」の初会合が19日、県庁で開催された。委員長には富川盛武県政策参与、副委員長には安里昌利県経営者協会会長が選任された。

 会合では専門的分野の調査・検討を進めるため①物流・貿易②観光振興③IT・スマートハブーの三つの専門推進部会を設置することを決定した。構成は7~8人程度になる予定。

 部会は9月と10月、委員会を11月に開催した後、11月下旬をめどに県知事へ提言、報告を行う。

 委員会のメンバーは計14人。山城博美沖縄地方内航海運組合理事長や平良朝敬沖縄観光コンベンションビューロー会長のほか、台湾や香港、シンガポールの貿易行政関係者が加わる。

 富川委員長は「沖縄の活性化が日本経済の再生、アジア各国にプラスになるような計画を推進したい」と意気込みを語った。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:8月19日(金)14時4分

琉球新報