ここから本文です

福田真未 好発進の理由は“ティオフのアクシデント”でリラックス!?

ゴルフ情報ALBA.Net 8月19日(金)19時49分配信

<CAT Ladies 初日◇19日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード ・パー73)>

【関連】ティショット後に口を手で押さえて笑う福田も!LIVE写真館

 国内女子ツアー『CAT Ladies』初日の第1組で回った福田真未だが、1番パー5ティショットを打ったあとになにやら地面を眺めている様子。同伴の森田理香子、永峰咲希、そして競技委員も“ティペグではない何か”を一緒に捜索するも、探し物が見つからないまま、3人はセカンド地点へ移動していった…。

 謎の事件の真相は「ティを挿す時にクラブが当たって“痛い!”って思ったら、左耳のピアスが落ちてしまったんです」。まさかの事態に大笑いの福田。これでリラックスしたのかこのホールをバーディとすると、前半だけで3バーディ奪取。18ホール回りきって5バーディ・1ボギー、4アンダー・3位タイと好発進。そして「誰かが見つけてくれるかな」と気にしていた大事なピアスの行方だが、「8番で気づきましたが、服のなかに入っていました!」と“思わぬオチ”で事件は解決した。

 春先はたびたびトップ10に顔を出すなど調子の良さを伺わせていたが、中盤戦以降は「スイングの形にこだわりすぎて振れなくなっていたし、スコアが良くなくて(結果を求めて)気負っていた」。だが、この日のプレーは「感覚がいいのでこのまま続けていけそう。チャンスも久しぶりに多かったので楽しかったです」と手ごたえを得ることができた。

 おっちょこちょいな事件も福田にとってはいい契機となった!?


(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月19日(金)19時49分

ゴルフ情報ALBA.Net