ここから本文です

復興祈念コンサート団員募集 ふくしま「第九」の会

福島民報 8月19日(金)8時40分配信

 ふくしま「第九」の会は、東日本大震災復興祈念コンサートに出演する合唱団員を募集している。21日午後5時半から福島市音楽堂で結団式を行い、初回の練習をする。
 昨年、心の復興を目指して10年ぶりに復活させたコンサートを、今年は12月11日午後2時から福島市の桜の聖母短大マリアンホールで開く。団員がベートーベン作曲「交響曲第九番第四楽章」の他、「大地讃頌(さんしょう)」を歌う。市内の福島三小、野田小、福大付属小の児童による合唱、ソリストによるステージも繰り広げる。

■合唱経験者が条件

 団員は合唱経験者であることが条件。男女は問わない。練習は初回を含め12月10日までの計10回。市内各所で行う。参加費は一般3000円、大学生1000円、高校生は無料。問い合わせは岡部善通事務局長 電話024(553)1533へ。
 武田義信実行委員長は18日、福島民報社を訪れ「日本中、世界中に、福島の復興を訴えたい。ステージと客席が一体となるコンサートにする」と語った。岡部事務局長、菅野允子広報部長が一緒に訪れた。

福島民報社

最終更新:8月19日(金)9時34分

福島民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。