ここから本文です

国際ヨットレース日本艇の建造にヤマハ発動機が参加…アメリカズカップ

レスポンス 8月19日(金)13時0分配信

ヤマハ発動機は、公式パートナーとなっている「ソフトバンク・チーム・ジャパン」がアメリカズカップの本番に使用する「AC50」の建造を開始したと発表した。

[関連写真]

艇体の一部はヤマハ発動機蒲郡事業所(愛知県蒲郡市)で製造されており、8月8日には製造現場が報道機関に公開された。

従来のアメリカズカップでは、各チームの開発・製造は極秘裏に進められていたが、2017年の大会では全てのチームが同じデザインの艇体を使用し、その製造過程までがオープンにされることになっている。

日本で製造されているのは、AC50のバウ(船首)部分で、ニュージーランドの造船会社から派遣された2人の技術者が作業にあたる。製造されたバウ(船首)はニュージーランドでレース艇AC50として完成したあと、決戦の地、バミューダへ送られる。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月19日(金)13時0分

レスポンス