ここから本文です

コパノリッキー疲れ抜けず米国遠征を断念

デイリースポーツ 8月19日(金)6時3分配信

 コパノリッキー(牡6歳、栗東・村山)が、今秋に予定していた米国遠征を断念することが18日までに分かった。

 同馬の小林祥晃オーナーは「今は疲れを引きずっている状態。ブリーダーズCは世界最高峰のレースで、行くからにはベストの仕上げでないと勝負にならない」と取りやめた経緯を説明。今後は南部杯(10月10日・盛岡)で始動し、3連覇が懸かるJBCクラシック(11月3日・川崎)からチャンピオンズC(12月4日・中京)を目指す。その後は、東京大賞典(12月29日・大井)参戦も視野に入れている。南部杯では、主戦の武豊が同日の京都大賞典でキタサンブラックに騎乗するため、10戦ぶりに田辺とコンビを組むことになった。

最終更新:8月19日(金)8時43分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。